1.8 インフラ長寿命化


日本政府は平成25年、国民生活や あらゆる社会経済活動を支える各種施設をインフラとして対象とする、戦略的な維持管理・更新等の方向性を示す基本的な計画として「インフラ長寿命化基本計画」が取りまとめられた。

耐用年数とメンテナンスフリー

① 海洋原油・ガス田の施設は巨大なものが多くなり、経済的観点から60年程度の耐用年数と維持管理の分野では40年程度のメンテナンスフリーの期間が求められている。これを安価で解決するには「高速アーク溶射工法」が適している。 ② 我が国の「道路・鉄道・その他のインフラ」でも同様の進展が予想され、インフラの長寿命化に貢献出来ることを確信している。